スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆腐会社社長を逮捕=汚水を垂れ流し―千葉県警(時事通信)

 豆腐の製造過程で生じた汚水を川に垂れ流したとして、千葉県警環境犯罪課などは15日、水質汚濁防止法違反の疑いで、同県九十九里町の豆腐製造会社「日本豆腐大和屋」社長岩柳弘満容疑者(54)=同町粟生=を逮捕した。法人としての同社も16日に書類送検する。
 同課によると、容疑を認め「処理費用を浮かせるためだった」と供述しているという。
 逮捕容疑は、4月7日から5月19日の間、7回にわたり、1リットル当たりのBOD(生物化学的酸素要求量)と浮遊物質量(SS)の値が、県条例で定められた基準値の最大約100倍の汚水を近くの川に垂れ流した疑い。 

【関連ニュース】
水ビジネス、10年後1000億円に倍増=インドで拡大狙う

琴光喜関を再聴取へ=賭博関与で警視庁(時事通信)
<梅雨入り>関東は14日か(毎日新聞)
南アW杯 ライオンはどこの国…神戸でオリジナルカクテル(毎日新聞)
<名古屋市議会>議員報酬問題、民主が2割削減案(毎日新聞)
<練炭自殺>82歳夫死亡、妻無事 市役所に遺書郵送 愛知(毎日新聞)
スポンサーサイト

菅首相 「報復人事ない」言葉選び会見(毎日新聞)

 菅直人首相は4日の会見では、小沢一郎前幹事長との関係を問われても慎重な言い回しに終始した。

【写真特集】市民運動から厚相、「カイワレ」…お遍路も グラフ菅直人氏の歩み

 会見冒頭あいさつでは、小沢氏に言及しなかった。次期幹事長に小沢氏と距離を置く枝野幸男氏らの名前が挙がっていることなどから「小沢氏への報復人事なのか」とも聞かれたが、「(人事は)全くの白紙。報復とか何とかということは考えてない」と述べた。

 さらに「何かどのグループをどうこうするという発想は全くありません」とも話し「少なくともしばらくは静かにしていただいた方が」などと語った前日に比べ抑制した印象が強かった。

 今後の小沢氏との距離はどうなるのか。政治評論家の浅川博忠さんは「新内閣に小沢氏の影が残っていれば、国民は評価しない。選挙結果にも直結し、菅首相も小沢排除は不可欠とみているだろう。小沢氏と距離のある仙谷由人氏の起用など『小沢封じ込め』の観測気球を上げ、小沢グループの出方をうかがっているようだ」と指摘。「選対委員長や国対委員長のポストから小沢氏側近を外せるかが新政権の運営に大きくかかわる」との見方だ。

 また、経済アナリストの森永卓郎さんは「選挙上は小沢さんと距離を取るのはプラスになるが、昨年のマニフェストは小沢さんの思想をもとに作られており、影響力を排除すると、ますます守られなくなるだろう」と政策面について言及。

 そのうえで「小沢さんは参院選後は何とかひっくり返そうと仕掛けてくると思うが、首相や幹事長の権限は大きく、一介の議員が対抗するのは難しい。そもそも民主党の中に異なる意見を持つ人が併存するのが問題で、二つに割ってもう一回選挙をすべきだ」としている。【曽田拓、長野宏美、百武信幸】

【関連ニュース】
【明快にわかる図説】親小沢~非小沢 民主党内人脈図2010年バージョン
【関連記事】菅氏、代表選出あいさつ「この国を立て直すことが第一の仕事」
【関連記事】菅首相:妻伸子さん「ご愁傷様かも」
【関連記事】菅首相:官房長官に仙谷氏、幹事長に枝野氏起用へ

広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)
富士樹海捜索で警視総監賞 警察犬クラーク号死ぬ 警視庁(産経新聞)
<岡本倶楽部>ホテル側に5500万円賠償命令…東京地裁(毎日新聞)
偽一万円札使用の男を逮捕 警視庁(産経新聞)
首相辞意に平野長官が号泣(産経新聞)

梅雨時の洗濯をどのようにしていますか?(Business Media 誠)

 そろそろ梅雨の季節。気象庁では6月上旬の梅雨入り(本州)を予想しているが、梅雨時に悩むのが洗濯。どのように洗濯・乾燥している人が多いのだろうか。

【拡大画像や他の調査結果を含む記事】

 東京電力の調査によると、「梅雨時に困ることは何ですか?」と尋ねたところ、「洗濯物が乾きにくい」と「ジメジメする」が79%でトップ。以下、「蒸し暑い」が71%、「食べ物が傷みやすい」が57%、「布団が干せない」が54%、「カビが発生する」が50%で続いた。

 多くの人が梅雨時に洗濯物が乾かないことに困っているようだが、「季節ごとの家庭での洗濯頻度」を聞くと、週4~5日以上の割合は「梅雨時」が59%、「春や秋」が67%、「夏」が74%、「冬」が61%と「梅雨時」が最も頻度が落ちるようだ。世帯別に見ると、梅雨時に週4~5日以上洗濯する単身世帯の割合は19%と非常に低くなっている。

●部屋干しで使う機器は?

 外が雨で、洗濯物が干せない日が増えがちな梅雨時。「梅雨時に洗濯物を干す場所はどこですか?」と尋ねたところ、「室内でのみ干す」が34%、「室内で干すことがある」が61%、「屋外でのみ干す」が4%だった。晴れた日には72%が「屋外でのみ干す」と答えていることから、梅雨時にはやはり室内でも干す人が多くなるようだ。

 梅雨時に室内で洗濯物を干すことがある人に「どの部屋で干しますか?」と聞くと、トップは「リビング」で45%。以下、「空いている部屋」が31%、「浴室」が22%、「寝室」が19%、「洗面所や脱衣所など」が11%、「廊下」が9%で続いた。

 梅雨時の洗濯物の乾燥で使用することがある機器を聞くと、エアコン(59%)が最も多く、「除湿機」(35%)、「扇風機」(31%)、「浴室暖房乾燥機」(31%)、「洗濯乾燥機」(31%)が続いた。乾燥に何らかの機器を使う人では洗濯物を干す場所として「浴室」や「洗面所や脱衣所など」の割合が高く、機器を使用しない人では「空いている部屋」の割合が高くなっている。

 3割近くの人は室内干しで機器を使用していないようだが、「機器を使用せずに洗濯物を干す時の不満は何ですか?」と尋ねると、最も多かったのは「乾くのに時間がかかる」で79%。以下、「すっきり乾かない」が74%、「じゃま」が52%、「洗濯物から臭いが発生する」が50%、「室内がしける」が41%、「見た目が悪い」が34%で続いた。

 インターネットによる調査で、対象は東京電力サービス区域内に住む20代~60代の男女2060人(男性1030人、女性1030人)。調査期間は5月10日と11日。【堀内彰宏】

【関連記事】
ダンナへの愛情によって感じ方が違う、洗濯物の“ニオイ”
省エネで買い換えたいのは「冷蔵庫」「エアコン」「洗濯機」
洗濯用洗剤、一番人気は花王「アタック」

高齢者向け住まい、比率引き上げを―国交省成長戦略(医療介護CBニュース)
ダイヤ鑑定かさ上げ 全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
「尖閣に日本の領土問題はない」 岡田外相が強調(産経新聞)
<安土城跡>観光客の憩いの場に ガイダンス施設完成(毎日新聞)
<雑記帳>ツキノワグマ、今年も得意の棒回し 広島の動物園(毎日新聞)

夕張メロン 今年は小ぶり 出荷始まる(毎日新聞)

 北海道の夏の味覚、夕張メロンの収穫と出荷が16日、夕張市滝の上の農業、永沼哲明さん(36)方などで始まった。17日朝、札幌中央卸売市場で初競りにかけられる。

 永沼さん方では、35棟のハウスでメロンを栽培している。4月の日照不足の影響で生育が心配されたが、大型連休以降に天候が持ち直したこともあり、例年の2~3日遅れで収穫にこぎ着けた。

 この日は午前9時前から、出荷時期を迎えた直径15センチ余、重さ約1.5キロのメロンを選び出し、収穫に汗を流した。永沼さんは「形はやや小ぶりだが、甘みのあるメロンができた」と自信の表情。

 夕張市農協によると、この日は永沼さんと別の農家から計54玉が出荷され、選果作業を経て札幌へ送られた。今年は夕張メロン生産50周年。138戸のメロン農家で計25億7000万円の売り上げを見込んでいるという。【吉田競】

【関連ニュース】
雑記帳:メロン熊 ミスマッチで人気
<初出荷>「小豆島オリーブ牛」初出荷 とろける肉質で勝負
<初出荷>万年元気とうふ:初出荷 平成の名水・下園妙見様湧水活用
写真の町東川賞:特別作家賞に萩原さん 夕張を定点観測して30年
桜:「日本一の名所に」 夕張で400本植樹 

<ヒラドツツジ>ピンクの海に浮かぶ天守閣--長浜城(毎日新聞)
首相動静(5月17日)(時事通信)
著作権法違反容疑 仮面ライダーに似たマスク販売 男逮捕(毎日新聞)
桟橋方式の撤回求める=市民団体(時事通信)
首相動静(5月13日)(時事通信)

高さ14m「足すくむ」新入社員、電柱登り訓練(読売新聞)

 北陸電力(富山市)の新入社員が高さ14メートルの電柱に登る訓練が、富山市西金屋の同社研修センターで行われた。

 今春入社し、実際に電線のメンテナンスなどをする配電業務の担当になった男女27人が参加した。

 同業務に就く新入社員がまず経験する伝統の訓練。これまで高さ5メートルまでで研修を積んできたが、この日は初めて実際の高さに挑戦した。

 新入社員たちは小雨の中、電柱の足場ボルトを1段上がるごとに、腰につけたロープを引っかけながら登り、「足場よし」と発声。地上13メートルの最も高い地点にある足場まで進んだ。

 登り切ると、度胸試しで、アンパンマンの主題歌などを大声で披露。電柱につないだロープを指導員が引っ張って揺さぶる場面もあった。恐怖のあまり途中で動きが止まってしまった社員もいたが、地上の同期たちが、「頑張れ」としきりに励ましていた。

 訓練を終えた松井綾花さん(23)は、「思ったより高くて足がすくんだ。安全に電気を届けるため、これからもみんなで支え合って頑張りたい」とほっとした様子で話した。

<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
閉じ込めなどトラブル多発、自動車の電子キー(読売新聞)
全国研修大会を7月に開催-全国新型特養推進協議会(医療介護CBニュース)
<東北新幹線>はやぶさ来春投入 八戸-新青森間12月開業(毎日新聞)
<自民党>消費税率は盛らず 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
プロフィール

いしだたかこさん

Author:いしだたかこさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。